PM研修

本日、副社長による第6回PM研修がありました。

 

最近、これ研修というより発言が自由なので座談会に近いかも。副社長の話も面白いのでいいんですけど。

この研修ではプロジェクトマネージャーのコンピテンシーについて学んでいます。

自分がPMになったときにどう行動すればいいのか。そんな話です。

 

4月まとめ

本日で4月の稼働終わり。

例年、4月は時間に余裕があるのですが、今年は違ってバタバタしてた。

 

案件数はそんなにもないのに。

ただ4月はバタバタしたけど、勉強になった月でもあった。どう言ったら伝わるのか、どう書いたら伝わるのか。よーく考えた時期でもあった。相手がどうゆう思いで言っているのか。その辺も見極めないと厳しい。

 

厳しいと言ったら現場のプロパー(2年生)

年明けてからよく接する事が多いが、最近抜けてるなぁという感覚。まぁ試行錯誤して頑張ってくれとしか言わんが。いやもう少し優しく細かく言ってるはず。

それに現場の人たちからは教育係的な感じで言われることもあるが、いやいやお前らがやれよと心の奥底で思っている。現場にはメンター社員とかいるんだよ。何で外部の人間がやってんだよと。本音は自分とこの新人見たいんだよと。

 

 

5月はJSTQBやります。

現場の業務はなるべく最低限のやり方を考えていきます。

 

キャンセル

月末に外部研修にと予定していましたが、業務が立て込みキャンセルしました。とても楽しみにしていたのですが、残念。仕方なく。

ただ来月同じセッションが開催されるので即、申し込んでおきました。

レポートはその後。

資料の作り方

仕事上、さまざまさ資料を作るのだか、気をつけていることをメモしておく。

 

1番は、人(メンバーやお客さん)が理解するかどうか。わかりやすい資料になっているか。

当然と言っちゃ当然。資料を作るときは打ち合わせをイメージしながら作っている。

これにプラスαでわかりやすいコメントができるかどうか。打ち合わせ等終わった後にその資料を見てコメントまで思い出してもらえるか。ここまで出来てたら良し。お客さんに話を聞いてもらえる前振り等はあるが。

 

もう1つ。

後で見て自分自身がわかるかどうか。

自分で作った資料だからわかって当たり前なところもあるが、人間、忘れる生き物。何でこの資料を作ったのか、どうゆう経緯で、誰に対して作ったのか。これも大事。

作成(編集)した日付や履歴を残しておくといい。

今期の目標

今期といいますか、上期の目標ですが、「QCD」の「Q」を意識すること。

いまいまこの辺で痛い目にあっているので、こうゆうタイミングだからこそ「Q」を意識して業務に取り組んでいこうと思っています。実務のところだけじゃなくJSTQB的なところで知識も習得(再確認)しながらやっていきます。

仙台出張

説明会が終わりました。

参加人数は少なかったでしたが、なんとか。やっぱり人前で話すのは緊張する。

それにまだまだ上手く話せると実感。

 

けどわかったことは、こうゆう説明会をやっても使ってみなきゃわからないしいくら上手く説明できてもほとんど参加者は覚えてない。

 

 

理解できない仕様

そんな場面に遭遇した。

理解できない仕様=説明できない仕様

だと思っている。

ドキュメントも残ってないのも問題やね。

 

 これが現場での経験。グダグダ言ってもしょうがないので、今後こうゆうことにならないようにやることが大事。

難しいけどね。